スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運というものは そのひとが持つ性格である 

2017, 02. 25 (Sat) 07:30





運の善い人・悪い人・・・







運の良いひとは、人生で失敗して
致命傷を追うような事態に遭遇しても、
必ず助けて、守ってくれるひと達が登場する。



だから、



致命傷を受けるようなトラブルが起こっても、
首の皮一枚で助かることが多い。



不運が最悪の事態を呼び寄せるのを
防いでくれるのだ。



しかし、運の悪い人は、
悪運をすべて自分の身で受け止めてしまう。



周りに、

「あいつを守ってやろう、助けてやろう」

という人間がいないので、
運の悪い人は人生の荒波に
簡単に 飲まれてしまう。



結果的に、運の悪い人には
自分を守ってくれる堤防がない為
ちょっとしたことが致命傷になりやすく
さらに悪運を呼んでしまう。



だから、人生でいつも 躓いてしまう。



自分に運があるのか、
それとも運がないか。



それを見極めて、
もし、今の自分に運がないとして、
運を良くしたいと願うなら、



まずやるべきことは
自分を変えていくことだ。



自分の今までの運のなさを自覚して、



周りから

「助けてやりたい、応援してやりたい」

という人間になる努力をするのが、
一番の道なのかもしれない。



いざというとき、
自分を守ってくれる人、
助けてくれる人が周りに
いるかいないかの違いは大きい。



それこそが、
運がリアルに人生に
反映されることになるだろう。




続きを読む »

スポンサーサイト

タグ:#変わる #運 #性格 #思考の癖 #変身 #生き方 #あり方

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。